大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

  1. >
  2. >
  3. 新車か中古か

新車か中古か

バイクを購入するときには、新車で購入するか中古で購入するかのどちらかを選択することになります。
新車と中古車はそれぞれメリットとデメリットがかならずついてくるものですので、購入前にそれらの違いをしっかりと頭に入れつつ、自分の気に入ったものを選ぶようにしたいところです。
そこで以下に新車と中古車をそれぞれ購入するときの注意点をまとめてみます。

【新車】
・メリット
新車のメリットはやはりなんといっても自分の好きな車種を一番よい状態で受け取ることができるという点です。
この新品を使うという喜びは何を差し置いても一度は経験したいものですよね。
中古車の場合には外観だけでは分からない内部の損傷や問題があることもありますが、新車の場合にはその可能性も低く、また万が一そのようなトラブルがあっても初期不良としてすぐに修理をしてもらうことができます。
新車として購入するときには、品物が確実にあるということも大きなメリットです。
中古車のように購入時のタイミングによってあったりなかったり、入荷待ちをしなくても自分の好きな車種を手に入れることができます。

・デメリット
新車のデメリットといえばやはり価格が高いということでしょう。
予算が十分にあっていくらでも出せるということならよいのですが、ほとんどの場合には最もほしい車種ではなく価格面で妥協して購入するバイクを選ぶことになるではないかと思います。
また、新車ならではのこととして、運転中に事故や破損をしてしまうとかなりショックが大きいということもあります。
これは価格も関係あるかもしれませんが、購入したばかりの新車をこすったりぶつけたりしてキズがつくと、中古車とは比にならないくらいに大きなショックを受けてしまいます。

【中古車】
・メリット
中古車のメリットは、ほしい車体をお手頃な価格で手に入れることができるということです。
タイミングにもよりますが、現在ではネットオークションなどを通じてかなり数多くのバイクが市場に出回っているため、気に入ったバイクを手の届く価格で購入することも可能です。
また、中古車の多くは何らかのカスタマイズがされていることも多いので、自分で手を加えなくても個性的なカスタムの車種に乗ることができるという点も地味なメリットになります。
反対に自分なりのカスタマイズをしたいと思っている人にとっても、新車よりも手を加えることに抵抗感が少なくてすみます。
初めて購入するバイクとして中古車を選べば、いろいろと試して乗ることもできますしメンテナンスの方法も自然に覚えることができて便利です。

・デメリット
中古車のデメリットはズバリ、当たりハズレが大きいということでしょう。
中古バイクの状態のよしあしは、前の持ち主であった人がどのくらい丁寧に取り扱いをしていたかというところで決まります。
そのため、中には見た目こそきれいに保たれてはいるものの、エンジンや動力の機関部分にサビやつまりが出てしまっていて故障しやすい状態になっているようなこともあります。
また、古いものになるとメーカー保証や店舗保証がなかったり、あっても非常に短い期間内のみというふうになっていることもあります。