大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

山の天候に気を付けて

●変わりやすい山の天候
ツーリングと言うと、普段はあまりみることができない雄大な自然をみることができるような、そういうところを「メリット」として挙げるひとが多い様です。
バイクにのって風をうけながら、自然のなかを走るという経験は人にいろいろなことを教えてくれるもの。
だからこそ、自然をみにツーリングをするという人は決して少なくありません。
しかし、自然というのは時に人間に対して猛威をふるうものになりますので、気を付けなければならないものでもあります。
皆さんは、東日本大震災をご存知でしょうか。
東日本大震災では、いつも穏やかで美しい海が人間に対して牙をむきました。
このように、いつも美しい山が豹変して、ダメージを与えてしまうこともありますので気を付けなければなりません。

●防寒具を用意しよう
まず、山にツーリングに行く時は防寒具を用意することが必要です。
「温かいから防寒具はいらない」と思っていても、山に登ってみたら「上に行くほど気温が下がり、寒くなった」ということもありますので、注意しなければなりません。
山の上は基本的に寒いということを忘れないようにしたいですね。
このため、軽装でいくと命の危険に陥ることもありますので、注意をされて下さい。
防寒具は、ツーリング用のものがきちんと販売されていますので、そちらを購入するなどして「命を守ること」が何より大事です。
防寒具はきちんと用意しておきましょう。

●レインコートは意外に便利
また、レインコートは必須です。
かっぱのように上が広がっているタイプではなく、上下分かれていて雨をしのげるタイプをもっておきましょう。
なぜなら、山は急に雨が降ってきたりすることもあるので、そういう時にレインコートがあればとても便利です。
また、レインコートは防寒具としても使うことができますので、「寒い時に使いたい」と考えている人は、レインコートを用意しておくといいでしょう。
レインコートは100円ショップでも上下別のものがありますが、それよりはきちんとした素材のものを選んで使用されることをおすすめしたいですね。

●山の情報はきちんと調べて
山の情報は常に後悔されていますので、きちんと調べて「自分が行こうとしている山はどんな状況なのか」を調べておきましょう。
例えば天気なんかは、きちんと調べれば出てきますよね。
こういう情報を調べておくかどうかで、本当にいろいろなことが違ってきます。
ぜひ、山の情報はきちんと調べておいてください。

大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ! © 2013 Frontier Theme