大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

バイク以外の購入品

バイクを購入するときには、バイク本体の他にも乗車するときに使用する用品をいくつか購入しておかなくてはいけません。
バイクに乗るときに必ず必要となる用具の一つがヘルメットです。

ヘルメットはバイクのデザインとともにライダーがこだわりたい用品の一つですが、同時にいざというときにもっとも体を守ってくれるための重要なプロテクターでもあります。
バイクのヘルメットは数多くのメーカーからたくさんの形状とデザインとが販売されていますので、軽い気持でお店に行った人などはその豊富さに驚いてしまうこともあります。
ヘルメット選びの最初のポイントとなるのは、自分が乗るバイクの排気量やタイプに合致したものであるかどうかということです。

バイクのヘルメットはどれを選んでもよいというわけではなく、排気量が高いバイクになるほどより安全性が高いものでなくてはなりません。
原付バイクではハーフキャップタイプの小さなものでもOKですが、大型では必ずフルフェイスのように顔全体を覆うものもしくはジェッドタイプと呼ばれるものでなければいけないこととなっています。
安全面ということで言うならもっとも安全性が高いのはフルフェイスタイプです。

フルフェイスのヘルメットは最もデザインも多く、レース用に使用してもよいほど耐久性が高いものもお手頃な価格で販売されています。
ですが女性やメガネをかける人などはフルフェイスの顔全体を覆う構造を嫌ってジェッドタイプという頭と後頭部、頬までの範囲だけを守るタイプをよく選びます。
ジェッドタイプは顔全面が開くため開放感があり、視界もよいので使いやすさで人気があります。

ですが案外バイク事故ではアゴの損傷は多く起こるので、安全面を気にするならフルフェイスタイプのものにしておくことがおすすめになります。

ヘルメット以外のバイク用品としては、ゴーグルやジャケット、グローブ、ブーツなどがあります。
他にもオフロードをよく走る人にとっては、胸や腹の部分を守るプロテクターが必要になってきます。
ヘルメットに次いで大事なのは、グローブとブーツです。
グローブは夏の熱い時期などには邪魔に感じてしまう人もいるようですが、安全性や操作のしやすさを考えると、必ず着用しておくことがおすすめになります。
教習所の実技講習では必ず着用をするように促されるものなので、早いうちに自分用のものを見つけて購入しましょう。

またブーツも1足はきちんと専用のものを用意しておきたいところです。
ライダーブーツは足元の動きがとりやすく、耐久性が高いつくりをしています。
普通のシューズでも運転はできますが、やはり安全性を考えれば専用のブーツを着用しておくことがすすめられます。

その他にも、ライダー用のスーツやジャケットもぜひそろえたいグッズです。
ライダー用のジャケットは必ず長袖になっており、胸やお腹といった体の重要な部分にプロテクターが入れられています。
一見蒸れそうにも見えますが、実際には通気性もよくむしろ涼しいデザインのものも多いので、乗用時には必ず着用するようにしたいところです。

大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ! © 2013 Frontier Theme