大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

  1. >
  2. >
  3. マスツーリングの魅力

マスツーリングの魅力

大人数でツーリング

マスツーリングの最大の魅力は、なんといっても大人数でツーリングすることでしょう。
気のあった仲間と一緒にツーリングするのは、普段とは違う魅力があり、とても気持ちよくツーリングが出来ます。
特に各自おのおのの持っているバイクでのツーリングでも良いですが、トライクやハーレーなど同じ機種のバイクで、固まって走るのは、これもまた一体感があってとても楽しいです。
普段のツーリングでは味わえないような感覚を味わえます。

もしもマスツーリングに興味があるなら、そのようなツーリングを企画しているところを見つけて参加すると良いでしょう。
バイク屋さんでも定期的に行っているところが多いので、あなたの近くのメンテナンスに行くようなバイク屋さんで聞いてみるのも良いかもしれません。

日本で有名なマスツーリングというと、まずは隼駅を目指して集まる、隼オーナーのツーリングがあります。
またクリスマスの時期になると、サンタの格好をして走るクリスマスツーリングも、主にスカイツリーやレインボーブリッジ付近などで行われることもあります。

初めてマスツーリングに参加するなら、まずはどのようなものなのか、後ろの方で様子を見ながら走ると良いでしょう。
たいていの場合は参加費用も無料であり、バイクさえもっていれば参加できる場合が多いので、まずはマスツーリングをしているところを探してみましょう。

マスツーリングのマナー

マスツーリングをするときは、バイクで走るスピードが早い人も遅い人もいます。
基本的に早い人が前で遅い人が後ろになりますが、あまりにも先頭と最後の間隔が開いていては、他のドライバーの迷惑となります。
隊列を作ってあまり離れないようにして走りますので、列を乱さないようにして走りましょう。

また、どのような道路でも他の車やバイクが追い抜いていったら、素直に先に行かせるようにしましょう。
決して追い抜きを妨害するようなことはしないようにしましょう。
もちろんマスツーリングの集団で追いかけるようなこともしてはいけません。
しかし、実際に海外ではマスツーリング中の隊列を追い抜いたSUVがその集団の襲撃に合うという残念な事件も起きていますので、マスツーリングに対する目が厳しくならないためにも、ひとりひとりが肝に銘じてマスツーリングを楽しんで欲しいです。

どうしてもマスツーリングをすると、道路を長い距離に渡って専有しますので、迷惑をかけやすい状況を作ってしまいます。
しかし決して他の車やバイクの迷惑になるようなことはせずに、マナーを守って気持ちよく走りましょう。
蛇行運転をしたり、ツーリング仲間と並走して道をふさいで走るようなことはしてはいけません。