大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

長距離ツーリングの宿泊について

宿に泊るか泊らないか?

バイクでの長距離ツーリングは、日帰りでなければ、どこかに宿泊しないとなりません。
泊る場合は、キャンプにするか宿に泊るか、どちらかを選ぶこととなります。
これはあなたの予算と相談して決めると良いでしょう。
予算があればホテルや宿に泊っても良いでしょうし、安く済ませるならキャンプとなります。
ただこれはどこをツーリングするかによっても、宿かキャンプにするかは決まります。

宿やホテルにする場合

宿にすると、キャンプ用品をバイクに積まなくて済みますので、その分身軽になりツーリングも楽になります。
泊るとなれば、ゆっくりと休むことも出来、温泉に浸かれば疲れも癒すことが出来、ベッドでゆっくりと眠れます。
雨風の心配もしないで済みます。

ただしこれはツーリングする場所に宿がある場合です。
峠などをずっと走る場合は、宿に泊りたいなら、宿までの時間を調節しないとなりません。
何かあって宿に行く時間が遅れれば、それだけ次の日までの出発時までの時間も短くなり、休憩する時間も短くなります。
またどうしても宿泊料金がかかりますので、そのお金は出費となり、周辺に安い宿がなければ高いお金を払うこととなります。

キャンプにする場合

キャンプにすると、宿泊料金は必要ないのでツーリングの旅を安くできます。
しかしキャンプとなるとデメリットは多いです。
まずはその時の天候の影響を受け、晴れの日なら良いですが、雨が降っていれば雨に濡れて、風が強ければ風の音の中で休むこととなり、冬のツーリングだとキャンプは出来ますが厳しいものになります。

また道端やその辺の公園でも、行おうと思えばキャンプは可能ですが、初めての方ならキャンプ場でキャンプをすべきでしょう。
更に、キャンプ用の道具をバイクに積まないといけないので、その分バイクも重くなります。

キャンプのメリットというと、宿泊料金がかからないということが一番でしょう。
もう一つのメリットとしては、地元の人やキャンプ場の人との交流も可能です。
新しい出会いなども見つかるかもしれません。

このようにしてツーリングするときにホテルや宿にするか、キャンプにするかは、これらのメリットやデメリットを考えた上で、あなたの考え方次第でしょう。
目的地にキャンプ場があるかどうかも、とても重要となります。
キャンプ場がないなら、素直に安いビジネスホテルなどに宿泊した方が無難です。

一人でのんびりとツーリングしたい、走りをメインとして旅をしたいと考えるなら、ホテルや宿に泊った方が良いです。
どうしてもキャンプだと、設営と片付けがありますので、慣れてないと少し時間がかかってしまいます。
出会いを求めてツーリングを行うなら、ライダー達が泊るようなライダーハウスやユースホテルなどに泊るという方法もあります。

大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ! © 2013 Frontier Theme