大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ!

400cc以上のバイクに乗っている人、または大型二輪免許を取りたい人に向けたサイト

夏のツーリングで気をつけること

暑さ対策

夏になれば、気温がどんどん高くなっていき、真夏日だと30度を超えます。
また日射しも強くなっていき、日焼もしやすくなります。
バイクで走る場合は、暑さ対策をしないとなりません。

まずはどんなに暑くても、肌が出るような半袖のような服装は止めましょう。
転倒すると大けがをします。
長袖の上下の服装にして、暑さ対策として通気性を求めるならメッシュなどの素材の服にすると良いです。

夏にバイクに乗るときは、走っている間は風を受けて涼しく気持ちよいですが、信号などで停止すると一気に暑くなります。
特に自分のバイクの排気熱の他に、他者の熱や排気熱などもありますので、とても暑いです。
また、ヘルメットを被っていると、汗をかいてヘルメットの中が蒸れます。

汗をかきやすいので、疲れたと思ったらこまめに休憩をとって水分補給するようにします。
思った以上に汗はかきますので、脱水症状にならないようにこまめな水分補給は大切です。
休憩するような場所の少ない峠などを走るときは、水筒やペットボトルを持参して、水分補給すると良いでしょう。

体も日光で熱を持ちやすいです。
長時間日光に晒されると、体温調節機能も働かなくなり、体温が上がって体を壊してしまいますので、適度に休憩は取るべきです。
出来ればコンビニやレストランなど、時々涼しい場所に行って涼むようにして、体を休ませましょう。
その時についでにトイレに行ったり、水分補給しても良いでしょう。

体をコンビニなどで休ませるというのは、バイクも休ませる意味もあります。
いくらオイルや冷却水があるからといっても、やはり長時間の走行はバイクにも大きな負担をかけます。
ましてやオイルが古かったりすると尚更大変です。
まずは長時間のツーリングに行くなら、オイルの状態を見て、古かったら新しいオイルに交換しておきましょう。
オイルは自分でも交換可能であり、バイク屋さんでも交換してくれます。

日焼対策

夏のツーリングは日焼対策も重要です。
特に直射日光を受けていれば、いくらヘルメットを被っているからといっても、顔は日焼してしまします。
手はグローブをしていなければ日焼し、腕や首なども日焼しやすいです。
あまりに急激に日焼すると、皮膚がヒリヒリして大変なことになり、日常生活にも支障をきたします。

ヘルメットのバイザーがUVかっとであっても、日焼はしますので、日焼止めは塗るべきです。
顔だけでなく、腕や首や手などにも塗っておきましょう。
サラサラのベタつかないタイプだと、使いやすくておすすめです。
もしも長時間ツーリングするなら、日焼止めの効果は3時間か4時間で切れるので、数時間おきに塗るようにすることを忘れず行いましょう。

大型バイクに乗ってこそ本物のライダーだ! © 2013 Frontier Theme